忍者ブログ
【Calendar】暦
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]naohito
>>“introduction
[Blogタイトル]…ぼそっと。
>>Blog トップページ

[今、見てる人」


[カウンター]
>>



【Search】blog内検索
【Link】
[HP]
>>G-Screw Dance Labo
>>元祖一発屋オフィシャルサイトだコラ!
>>セカハン

[blog]
>>映画の話、本の話。
>>人気blogランキング


【Shopping】本、CD&DVD
[本・CD・DVD、他]Amazon.co.jp
>>Amazon.co.jp

   

[DVD・CD、他]DMM
>>DMM -top page-

[本・CD・DVD、他]
>>タワーレコード
>>紀伊國屋書店 BookWeb
>>ブックサービス
【Shopping】PC関連
[PC]Dell
>>デルオンラインストア
>>デル、お得なキャンペーン情報
[PC]Apple
>>Apple Store
>>iTunes Music Store
[PC・ブロードバンド、他]sony
>>ソニースタイル
>>ソニー・ミュージック ショップ

[PC・ブロードバンド、他]
>>GyaO 光USEN

[HP ツール]
>>NINJA TOOLS
>>FC2WEB無料ホームページ

[blog ツール]
>>shinobi.jp ブログ
>>FC2BLOG

最新CM
2007 / 09 / 13 ( Thu ) 19 : 13 : 28
無題 ( m(_ _)m ) from: 美穂
2007 / 08 / 31 ( Fri ) 17 : 34 : 22
2007 / 02 / 15 ( Thu ) 12 : 31 : 20
無題 ( おにゅー ) from: 小野萬太郎
2006 / 12 / 30 ( Sat ) 11 : 54 : 12
無題 ( メリクリ ) from: ヌイグルミ
2006 / 12 / 26 ( Tue ) 21 : 26 : 00
QRコード
声を大にして言うほどのことぢゃないから …ぼそっと。 あれやこれや、とやかく言える立場ではないけど… 書いてみる。あしからず。
[11]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [242]  [2]  [3]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2005年の話題作、
『村上龍さんの半島を出よ (上)』、
と、『半島を出よ (下)』。


感想はというと…

いや~、長かった(^_^;
そんで、電車で読むには…重かった。

でも、途中から加速度up♪して読めました。。


ありがちな読書パターンですw

感想の詳細は以下でしますが。
とりあえず、真っ白な状態で
読んでもらってからのほうイイかも…。

先入観ナシで…読んだ方がイイかな。


なにより、自分の感性を大切に…
なんて、余計なお世話的なことを思います(o^o^o)

まぁ、そんなこと言い出したら、、
感想書く意味なくなっちゃうのだけれども…。。
…深く考えずに。。。



20050610_hanntou_wo_ideyo




---------------------------------
転載しました。
>>http://filmsbooks.blog.shinobi.jp/Entry/1/



ハイ、何だかんだ言いつつ…
読了後の感想詳細デス(^ω^ゞ

まず、語弊があるかもしれないけど、
十分に楽しめました&楽しみました(^o^)v

上下巻、両方とも分厚のに さくさくと読んでしまいましたし。。

…村上龍ワールド炸裂☆でした。


ただ、あえて毒吐けば…
今イチ、内容に現実味が欠ける感がアリ。。

例えば、高麗遠征軍(「コリョ」)の兵士の強さがマンガのよう…
劇画的ていうか、、現実味に欠ける、というか、、、
加えて、アメリカや中国、韓国、各政府の対応が少しありえないと思われる節があり、、
それに、日本政府を作品中で、
十分に活かしきれていないなぁといった印象が残りました。
…他にも「ん!?」と思うところはあるのですが、ネタばれになってしまうかも、、と、それは本意ではないので、ココでは言及しません(^∀^;ゞ

膨大な取材に基づいて(参考文献で紹介されてるだけでも、、なかなか膨大な量ッ)創作されているコトは、間違いなく、、タイシタ作品だなぁと感じつつ+著者の熱意に感動(o^o^o)b☆デスが、、
やはり一方で、、どうしても、、、
「ムリがあるかなぁ…」という印象を拭えませんでした。。
それに、村上龍さんの作品にしては、、既作よりは、性描写も含め、文章的な過激さ&斬新さ、が減ったかなぁ…
という印象です。歳の影響なのカナ…(・_・?)失礼ッ。。


さらに、個人的な感想として…
本著も含めて、改めて思ったのですが、、
村上龍さんの作品では、やっぱり私小説的な作品の方が好きみたいデス。
『限りなく透明に近いブルー』とか、『テニスボーイの憂鬱』など、、
人の内面を描く作品が抜群かなぁ…と、思います。
人間の内側にあり、そして、多く場合、その表層には表れにくい…
そんな一面を捉え、表現することについては、稀有の才がある作家さんだと思います。
また、自分としては、村上龍さんの作品では、そんなトコが大好きデス♪

一方、社会的な要素の強い作品になると、、
社会的な不安(…潜在的で感情的な、根拠の薄い不安…)を、
単にアジテート(扇動)をしてるだけという印象があり、、
今イチかなぁ、、と思われる作品が多い気がします。

本著も、その一つ、、という感想を抱きました。
ただ、読み物と割り切って読むと、十分に楽しめる作品だと思います。
あくまで、楽しめました…ってことは、付言しときマス。。

ウン、楽しみました♪


長ッ文…読んでいただき、ありがとうございますm(_ _)m
ちなみに、毎回、こんなに書く気はないデス(^∀^;ゞ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この記事のURL:       
忍者ブログ*[PR]