忍者ブログ
【Calendar】暦
11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]naohito
>>“introduction
[Blogタイトル]…ぼそっと。
>>Blog トップページ

[今、見てる人」


[カウンター]
>>



【Search】blog内検索
【Link】
[HP]
>>G-Screw Dance Labo
>>元祖一発屋オフィシャルサイトだコラ!
>>セカハン

[blog]
>>映画の話、本の話。
>>人気blogランキング


【Shopping】本、CD&DVD
[本・CD・DVD、他]Amazon.co.jp
>>Amazon.co.jp

   

[DVD・CD、他]DMM
>>DMM -top page-

[本・CD・DVD、他]
>>タワーレコード
>>紀伊國屋書店 BookWeb
>>ブックサービス
【Shopping】PC関連
[PC]Dell
>>デルオンラインストア
>>デル、お得なキャンペーン情報
[PC]Apple
>>Apple Store
>>iTunes Music Store
[PC・ブロードバンド、他]sony
>>ソニースタイル
>>ソニー・ミュージック ショップ

[PC・ブロードバンド、他]
>>GyaO 光USEN

[HP ツール]
>>NINJA TOOLS
>>FC2WEB無料ホームページ

[blog ツール]
>>shinobi.jp ブログ
>>FC2BLOG

最新CM
2007 / 09 / 13 ( Thu ) 19 : 13 : 28
無題 ( m(_ _)m ) from: 美穂
2007 / 08 / 31 ( Fri ) 17 : 34 : 22
2007 / 02 / 15 ( Thu ) 12 : 31 : 20
無題 ( おにゅー ) from: 小野萬太郎
2006 / 12 / 30 ( Sat ) 11 : 54 : 12
無題 ( メリクリ ) from: ヌイグルミ
2006 / 12 / 26 ( Tue ) 21 : 26 : 00
QRコード
声を大にして言うほどのことぢゃないから …ぼそっと。 あれやこれや、とやかく言える立場ではないけど… 書いてみる。あしからず。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

面白かったw&楽しかった♪

そして、ほんのりと…柔らかいだし汁の薫りのように、
心に沁み入る映画でした。


帰りにずずーっと、うどんが食べたくなりました…。


あらすじ。

「ここには夢なんかない…うどんしかない!!」
と放言し、“Big”になることを夢見て、
単身N.Y.に渡った、うどん屋の息子・香助。

しかし、現実は、それほど甘くなく…香助は、
借金を抱えて、郷里の讃岐に戻ってきた。

帰郷したものの、頑固一徹の父と反目する香助。

とりあえず、当座の生活をしのぐため、香助は、
親友・庄介の紹介で、零細の地方出版社に勤める。

その地方出版社のタウン誌で、香助と編集部員の恭子が
手がけた「うどん」のコラムは、全国中に
空前のうどんブームを引き起こす。

そして、うどんブームで、それなりの成功をおさめた香助は、
反目していた父と、正直に向かい合うことを決意するのだが…



★★★★☆(4)…(o^o^o)笑ッテ(>_<)キュン。

PR
ご多分に漏れず、自分にとっても、
早く観たいなぁ、と期待も大きかった今夏の話題作。

…残念ながら、期待通りとはなりませんでしたが↓↓


さて、あらすじ。

西の果てに棲み、本来、人間の世界には現れない龍が、
突如、人間の世界の空を飛翔する。
そして、それに呼応するかのように、作物は枯れ、家畜は倒れ、
巷には、病が流行る。

世界の均衡がくずれつつあった。

大賢者のゲドは、病の源を知るべく旅を続けていた。
旅の中途、ゲドは闇におびえる少年・アレンと出会う。

旅路を共にしたゲドとアレンは、都城ホートタウンに立ち寄るが、
そこは、表向きの活気を呈する様相とは裏腹に、
人身売買が横行し、麻薬がはびこり、街は、病んでいた…


★★▲☆☆(2.5)~( ̄~ ̄)感情移入デキマセヌ

副題は、“Memories of Matsuko”。
これがタイトル(『嫌われ~』はその邦訳の形で、字幕表示)として、
スクリーンにパーンッと映しだされた時、
真っ先に、『SAYURI』(←原題が“Memories of Geisha”)を
連想してしまい、冒頭から、ニヤっとしてしまいましたw
「もしかして、遊び心??」って。

…って別に関係ないと思われますが。未確認。


もとい。
それが、おいらの勘違いだとしても、
遊び心が随所に、散りばめられている映画です。

この映画、その内容は、相当に重い…ヘビーなものなのですが、
あちらこちらに散りばめられた、そんな遊び心が、
緩衝材として機能している(いい仕事してる!!)ように思います。
観ている方には、息継ぎのポイントみたいな感じ。
だから、重いのに…エンターテイメントな映画としても、楽しめました。

「幸せって何だ?」
って考えると、とっても思慮深い映画かも…とも。

エンターテイメント&笑いの要素をふんだんに盛り込みつつ、
観賞後に、心にどっしりとした重量感を残す不思議な映画です。


ストーリーを簡単に。
ミュージシャンを夢みて上京するも、怠惰な生活を送っている川尻笙。
笙は、久しぶりに再会した父から、
亡くなった伯母・松子の部屋の整理を任される。
その存在さえ初めて聞く、伯母の部屋を渋々ながらも片付けるうちに、
笙は、全くの没交渉だった伯母の人生に興味を抱き始める。
そして、笙が知った伯母の人生は、波乱に富んだものだった…。



★★★★▲(4.5)━━━キタコレ(゜∀゜)!!!!━━━


確実に楽しめる作品♪
だと、思います。

まさに、エターテイメント!!!!
という作品です。


今回は、自分の感想より、まず…
観賞後、他のお客さんの感想を
盗み聴いたので、
…紹介します。

サラリーマン風の男性がその同僚らしき人に、
「おれ、会社辞める!!海上保安官になるわ。」

もちろん、彼が有言実行を図ったのかどうか、
新しい人生の荒海に漕ぎ出したのかどうかは知りません。。

数人で連れ立って観賞にきていたご婦人様が、
手元に残した大量のポップコーンを、お友達に示しながら、
「食べる暇なかったの…」

その後の、会話は永遠に続いた模様です。


と、その他にも多くの人が楽しんだ模様でした。
もち、おいらも十分にv

さてさて、ストーリー。
海上保安庁の潜水士として働く
仙崎大輔は、仕事も板についてきたが、
彼女である伊沢環菜との関係は、結婚を目前にして、
踏み切れないでいた。
そんな折、鹿児島沖で、大型フェリーの座礁事故がおきる。
仙崎は、救助のため、事故現場に赴くが、
そのフェリーには、偶然、環菜も乗船していた。
仙崎ら、海上保安庁は必死の救助作業を行うが、
事故状況は、急激に悪化。
そして、フェリーは、沈没していく…
というもの。


そんなムチャなと思いつつも、
テンポがよく、また、話の筋もシンプルなので、
引き込まれてしまいます。


★★★★☆(4)~(*ム*)思ワズ息ヲ止メテシマイマシタw
記録的な(!?)ロング・ランとなってる作品デスネ(o^o^o)
ちなみに、おいらが観たのは、、
去年@映画館のことなんだけども。。


もとい、、
昭和を舞台背景とした“コメディw”映画、
というのが、おいらの印象です。
それで、、ちょこっと感動もアリで(TωT)
…涙☆流して…
ナンテwおいらが泣くことなかったけどv。。

まぁ…そんなスタンスで観れば、、
楽しめる作品だと思います。

要は、エンターテイメントな作品♪


今(昨!?)冬、一番の感動作だとか、
昭和ノスタルジーだとか、、
世間では、激賞するコメントが多いけど。。
「感動作」を観るゾーーッ!!…ってノリよりも、
肩の力をふにゃ~と抜いてw
ポップコーン(“王道ッ!!”)を片手に、
(ちなみに、おいらは塩よりキャラメル派v)、、
楽しく時間を過ごしたいなぁ…♪
って感じで、、
銀幕の前に座った方が
楽しめる映画じゃないかなぁ…
なんて思った(^o^*)

作品の時代背景は、、
昭和30年ごろのバリバリ邦画な時代。
だけど、作品の雰囲気は、
ハリウッド系エンターテイメント的な感じw
どことな~く“ポップ”でノリのいい映画だった♪


[総合“星”評価]
★★★☆☆(3)…まぁまぁ程好く(^ω^ゞ


今冬の話題作の一つを観てきました@映画館(^ω^v


(当然ッ!?…ダケド…)当日チケットを買って、、
開始10分前ぐらいに、劇場に入ると、、

公開して、随分、経つのに…週末とはいえ、、
6~7割ぐらいは席が埋まるくらい、、
人&人が入っていました。。

(へぇ~、、けっこう人気あるだぁ…)
など、、と思いつつ、、、
席を探す、おいら。。

おいらの席の隣は、左後方通路より、、
左に50~60代の壮年(老年!?)のおじ様。
右に、一人で来てるらしき…
20代くらいの女の人(ちょっとカワいかったw…要チェックや♪)。。


…もとい、オホンッ=3。。

今回、着目したのは、、
(奇跡的に今回に限って!?…)おじ様の方なのですッ!!

って、、おいら、初めて観ましたッ!!
いい歳した(いい意味でねw)、、
おじ様が、「ぐしゅん、ぐしょん」しながら、、
映画を観るのをッ!!

正直、ビックリしました。。映画館で女の人が、
人目をはばからず泣いているのは(時に、号泣、、TωT。)というのは
それほど、珍しくないと思うのですが、、
おじ様が、そのように泣くような映画は、初めての経験でした。。

もちろん、映画館で泣くのも、、
よいと思う、おいらです(^∀^;ゞ


おじさんを号泣させる映画です。。

[総合“星”評価]
★★★☆☆(3)一見ノ価値アリ(^ω^)b


  HOME
忍者ブログ*[PR]