忍者ブログ
【Calendar】暦
02 2017/03 04
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]naohito
>>“introduction
[Blogタイトル]…ぼそっと。
>>Blog トップページ

[今、見てる人」


[カウンター]
>>



【Search】blog内検索
【Link】
[HP]
>>G-Screw Dance Labo
>>元祖一発屋オフィシャルサイトだコラ!
>>セカハン

[blog]
>>映画の話、本の話。
>>人気blogランキング


【Shopping】本、CD&DVD
[本・CD・DVD、他]Amazon.co.jp
>>Amazon.co.jp

   

[DVD・CD、他]DMM
>>DMM -top page-

[本・CD・DVD、他]
>>タワーレコード
>>紀伊國屋書店 BookWeb
>>ブックサービス
【Shopping】PC関連
[PC]Dell
>>デルオンラインストア
>>デル、お得なキャンペーン情報
[PC]Apple
>>Apple Store
>>iTunes Music Store
[PC・ブロードバンド、他]sony
>>ソニースタイル
>>ソニー・ミュージック ショップ

[PC・ブロードバンド、他]
>>GyaO 光USEN

[HP ツール]
>>NINJA TOOLS
>>FC2WEB無料ホームページ

[blog ツール]
>>shinobi.jp ブログ
>>FC2BLOG

最新CM
2007 / 09 / 13 ( Thu ) 19 : 13 : 28
無題 ( m(_ _)m ) from: 美穂
2007 / 08 / 31 ( Fri ) 17 : 34 : 22
2007 / 02 / 15 ( Thu ) 12 : 31 : 20
無題 ( おにゅー ) from: 小野萬太郎
2006 / 12 / 30 ( Sat ) 11 : 54 : 12
無題 ( メリクリ ) from: ヌイグルミ
2006 / 12 / 26 ( Tue ) 21 : 26 : 00
QRコード
声を大にして言うほどのことぢゃないから …ぼそっと。 あれやこれや、とやかく言える立場ではないけど… 書いてみる。あしからず。
[88]  [87]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [76
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

副題は、“Memories of Matsuko”。
これがタイトル(『嫌われ~』はその邦訳の形で、字幕表示)として、
スクリーンにパーンッと映しだされた時、
真っ先に、『SAYURI』(←原題が“Memories of Geisha”)を
連想してしまい、冒頭から、ニヤっとしてしまいましたw
「もしかして、遊び心??」って。

…って別に関係ないと思われますが。未確認。


もとい。
それが、おいらの勘違いだとしても、
遊び心が随所に、散りばめられている映画です。

この映画、その内容は、相当に重い…ヘビーなものなのですが、
あちらこちらに散りばめられた、そんな遊び心が、
緩衝材として機能している(いい仕事してる!!)ように思います。
観ている方には、息継ぎのポイントみたいな感じ。
だから、重いのに…エンターテイメントな映画としても、楽しめました。

「幸せって何だ?」
って考えると、とっても思慮深い映画かも…とも。

エンターテイメント&笑いの要素をふんだんに盛り込みつつ、
観賞後に、心にどっしりとした重量感を残す不思議な映画です。


ストーリーを簡単に。
ミュージシャンを夢みて上京するも、怠惰な生活を送っている川尻笙。
笙は、久しぶりに再会した父から、
亡くなった伯母・松子の部屋の整理を任される。
その存在さえ初めて聞く、伯母の部屋を渋々ながらも片付けるうちに、
笙は、全くの没交渉だった伯母の人生に興味を抱き始める。
そして、笙が知った伯母の人生は、波乱に富んだものだった…。



★★★★▲(4.5)━━━キタコレ(゜∀゜)!!!!━━━




邦画が好きな人には、高い確率で、

キタコレ━━━━━(゜∀゜)!!!!━━━━━━

と感じさせる映画です。
…そのはず。

『下妻物語』を観た時のような、
独特のニュアンスを感じたりもしたのですが…

なんだぁ同じ監督サンだったかぁ、と後々で気づいた次第です。


キャストは、とにかく色々様々…豪華絢爛です。
そして、その中でも抜群の魅力を放つ、
中谷美紀さん(=松子)の演技っぷりが大きな魅力でした。

話は少しズレますが…
TVドラマから、映画化もされた『ケイゾク』シリーズの時も、
中谷美紀さんって、独特の魅力を発揮できる女優さんだなぁ、
なぞと、感じました。

本作では、さらに深化(進化!?)して、
狂気を感じさせるくらいの怪しささえ漂わせる…
“怪優”の域に到達している気がします。
って、失礼かも!?…ゴメンナサイ。

とにかく。
ますます、好きになりました♪


『嫌われ松子の一生 Memories of Matsuko』
監督・脚本:中島哲也、原作:山田宗樹、
出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川美日子、
        黒沢あすか、柄本明、ゴリ、片平なぎさ、他…限りなく多数。






【Link】関連リンク

>>公式HP

>>DMM  『下妻物語 スタンダード・エディション
>>DMM  『嫌われ松子の一生 通常版
>>Amazon.co.jp  『下妻物語 スタンダード・エディション
>>Amazon.co.jp  『嫌われ松子の一生 通常版


>>DMM 登録無料~特典色々
>>DMM DVD&CD レンタル

『嫌われ松子の一生 Memories of Matsuko』
監督・脚本:中島哲也、原作:山田宗樹、
出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川美日子、
        黒沢あすか、柄本明、ゴリ、片平なぎさ、他…限りなく多数。



>>http://filmsbooks.blog.shinobi.jp/Entry/22/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この記事のURL:       
嫌われ松子の一生&Dグレ
嫌われ松子は内山が主演したドラマの方は興味が無くて見なかったけども 映画の方は興味があり見たがチョイ役で色んな人が出演していて悪く無いし 劇中の歌は良かったし内容も大満足とは言えないけども不満は無いけども 不幸な人生を送り過ぎと言うか実際に松子の様な人は居るの
URL 2007/06/26(Tue)20:10:44
嫌われ松子の一生
誰に聞いても絶賛のこの作品。 2006年が終わる前にDVDでやっと観ました。 ふぅ。 平成13年の夏、。荒川の河川敷に何者かに撲殺された女性の死体。 その姿は醜く肥え太り、身なりはホームレスのようだった。 彼女の名は川尻松子。 彼女は何故殺されなければならなかったの
URL 2006/12/29(Fri)16:34:13
嫌われ松子の一生−(映画:2006年140本目)−
監督:中島哲也 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、柴崎コウ、片平なぎさ、ゴリ、竹山隆範、谷原章介、宮藤官九郎、劇団ひとり、谷中敦、 BONNIE PINK、武田真治、荒川良々、土屋アンナ、AI、山田....
URL 2006/11/18(Sat)19:04:30
「嫌われ松子の一生」見ました!
前から気になっていた「嫌われ松子の一生」見ました!あらすじ:昭和22年(1947年)福岡県に生まれた松子。お姫様のような人生にあこがれた少女時代をすごし、中学校の教師となるが、ある事件が発端でクビに。その後彼女は転落してゆく・・・。という内容です。ドラマ版も放送しています。原作は以前読みましたが暗い内容でした映画はミュージカル仕立てで、出演者も豪華ですお笑い芸人や歌手の人も出ています。松子の少女時代の役をやってる子がかわいいです中島監督はシリアスな原作をあれだけの作品にしてすごいな!と思いました。ただ、暗...
URL 2006/11/15(Wed)06:39:42
◆試写会・嫌われ松子の一生
雨が降る中、御堂会館に 嫌われ松子の一生の試写会に行って来ました。 監督は、あの前にも笑わせてもらった 下妻物語の中島哲也監督 そりゃぁ〜笑わせてくれるっしょ 【STORY】 女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。 昭和22年・福岡県大野島生ま...
URL 2006/10/20(Fri)20:33:33
嫌われ松子の一生DVD
山田宗樹の小説を「下妻物語」の中島哲也監督が映画化した 奇想天外な女の一生物語。 転落の一途を辿る壮絶なヒロイン川尻松子の人生を多彩な映像表現を駆使して カラフルかつポップに描いています。 教師をクビになり殺人まで犯してしまう川尻松子に中谷美紀が扮し、 転落..
URL 2006/08/30(Wed)00:47:20
『嫌われ松子の一生』
松子。人生を100%生きた女。 ■監督・脚本 中島哲也■原作 山田宗樹(「嫌われ松子の一生」幻冬舎文庫)■キャスト 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ□オフィシャルサイト   『嫌われ松子の一生』 福岡県の大野島で産声を上げた川尻松子(中谷美紀)は、幼い頃からお姫様のような人生を夢見る少女。 生徒に人気の中学教師に成長した彼女だったが、修学旅行中、問題の生徒・龍(伊勢谷友介)が窃盗事件を起こしたことから、人生は一転。 セクハラ教頭に職を追...
URL 2006/08/19(Sat)10:18:47
忍者ブログ*[PR]