忍者ブログ
【Calendar】暦
05 2017/06 07
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]naohito
>>“introduction
[Blogタイトル]…ぼそっと。
>>Blog トップページ

[今、見てる人」


[カウンター]
>>



【Search】blog内検索
【Link】
[HP]
>>G-Screw Dance Labo
>>元祖一発屋オフィシャルサイトだコラ!
>>セカハン

[blog]
>>映画の話、本の話。
>>人気blogランキング


【Shopping】本、CD&DVD
[本・CD・DVD、他]Amazon.co.jp
>>Amazon.co.jp

   

[DVD・CD、他]DMM
>>DMM -top page-

[本・CD・DVD、他]
>>タワーレコード
>>紀伊國屋書店 BookWeb
>>ブックサービス
【Shopping】PC関連
[PC]Dell
>>デルオンラインストア
>>デル、お得なキャンペーン情報
[PC]Apple
>>Apple Store
>>iTunes Music Store
[PC・ブロードバンド、他]sony
>>ソニースタイル
>>ソニー・ミュージック ショップ

[PC・ブロードバンド、他]
>>GyaO 光USEN

[HP ツール]
>>NINJA TOOLS
>>FC2WEB無料ホームページ

[blog ツール]
>>shinobi.jp ブログ
>>FC2BLOG

最新CM
2007 / 09 / 13 ( Thu ) 19 : 13 : 28
無題 ( m(_ _)m ) from: 美穂
2007 / 08 / 31 ( Fri ) 17 : 34 : 22
2007 / 02 / 15 ( Thu ) 12 : 31 : 20
無題 ( おにゅー ) from: 小野萬太郎
2006 / 12 / 30 ( Sat ) 11 : 54 : 12
無題 ( メリクリ ) from: ヌイグルミ
2006 / 12 / 26 ( Tue ) 21 : 26 : 00
QRコード
声を大にして言うほどのことぢゃないから …ぼそっと。 あれやこれや、とやかく言える立場ではないけど… 書いてみる。あしからず。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ヒート』や『コラテラル』を監督したマイケル・マン氏の監督作品。
上記作品への好印象もあり、
とっても好きな監督さんの作品なので、期待大の作品でした。

そして、そんな自分の期待を裏切らない作品でした。
おまけに、ゆったりと観賞することができました↑↑

夏休みシーズンも終わり、混雑する時期に一息ついたこと。
加えて、また平日の夜に観にいったので、
両隣3席空きくらいのストレス・フリーな席を確保、でしたv


さて、あらすじ。
舞台は、米国フロリダ州マイアミ。
アメリカ合衆国で、最も南米よりの楽園都市である一方で、
巨大犯罪組織がしのぎを削る危険都市でもある。
そのマイアミで、ソニー・クロケットとリカルド・タブスは、潜入捜査官として、
危険と隣合わせの仕事を果たしている。
性格の異なる二人だが、仕事では抜群のコンビネーションを発揮し、
その絆は固い。

そんな二人を中心とする潜入捜査チームに対し、
FBIは、重大な合同捜査の行き詰まりを打破すべく、協力を要請する。
それは、全米の潜入捜査官の命を守るために必要な仕事だったが、
無事に帰還できる可能性の低い、危険過ぎる捜査だった…。


★★★★☆(4)~(★o★)bカッコエエ

PR
ミッション・イン・ポシブルⅢです。
“~Ⅲ”ってことで、シリーズ三作目です。言わずもがな…。

さらに、言えば…
『スパイ大作戦』シリーズのリメイクであることは、あまりに有名…
って、やっぱ蛇足。


だけど、この作品。
例え、前作等を知らなくても、ほとんど…
いや、全くと言い切ってもいいほど、影響ないと思われます。

おいらは、前二作とも観ていたのですが…

あ、ちなみに、『スパイ大作戦』シリーズの方は、
ほとんど知らないっす。さすがに、世代が…っすo(_ _o)ゴメンナサイ。
とはいえ、『OO7』シリーズなら、ほぼ同時代の初代の頃から、
再放送とかで、けっこう見てるんだけど…まぁ、どうでもいいことです。


もとい。
つまり、リメイク映画だった前作&前々作を観ていたことでの
特別の感慨などは、おいら、特に感じませんでした。

むしろ、観てないほうが特別な思い入れや、期待がない分、
ハリウッドっぽいアクション映画として、単純に楽しめるのかも…
なんて思ったりもしました。


感想をまとめると。
ところどころに、「ん??」なシーンはありつつも、
単純にエンタメ・アクション映画として観賞するならば、
十分に楽しめる作品♪なのでは…と思う次第です。


って、前フリ(むしろ、本文)が長~くッ=3なってしまいました…
遅ればせながら、ストーリーを簡単に。

イーサン・ハントが何者かに拉致され、絶体絶命の状況に…。

秘密組織・IMF(Impossible Mission Force)で、
一流のスパイとして働いていたイーサン・ハントだったが、
現在は、第一線から既に引退し、
スパイを育てる教官の仕事に就いていた。

そして、ジュリアとの結婚を控えていた。

しかし、イーサンの教え子であったリンジーが、
スパイとしての任務中に音信を途絶えてしまう。
イーサンは、リンジーの危機を救うべく作戦を遂行するが、
彼は、絶体絶命の窮地に追い込まれてしまう…。




★★★▲☆(3.5)~(^_^)マァトリアエズ無難ニ、エンタメ☆



…重い……。

先週末、、これを観賞した後に感じた率直な感想。。

尺が3時間弱に及ぶ作品、長編。。
観ている間に色んなことを考えました。

祖国への愛情、私個人としての逆らえない感情、、
民族としての誇り・悲願、自ら(自分自身)の血縁の系譜。
積み重ねなれた歴史の重み。。
それと不可分の宗教、文化や生活。

一つのシーンが終わり、進むごとに、、
自分の中で、知識の確認をしたり、
記憶(経験)の反芻をしたりしてました。。
だから、、その3時間弱は、
おいらにとって、とっても“永かった”。。。


[“星”評価]
★★★★▲(4.5)~(・_・;A色々考エテシマフ。。

  HOME
忍者ブログ*[PR]