忍者ブログ
【Calendar】暦
03 2017/04 05
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]naohito
>>“introduction
[Blogタイトル]…ぼそっと。
>>Blog トップページ

[今、見てる人」


[カウンター]
>>



【Search】blog内検索
【Link】
[HP]
>>G-Screw Dance Labo
>>元祖一発屋オフィシャルサイトだコラ!
>>セカハン

[blog]
>>映画の話、本の話。
>>人気blogランキング


【Shopping】本、CD&DVD
[本・CD・DVD、他]Amazon.co.jp
>>Amazon.co.jp

   

[DVD・CD、他]DMM
>>DMM -top page-

[本・CD・DVD、他]
>>タワーレコード
>>紀伊國屋書店 BookWeb
>>ブックサービス
【Shopping】PC関連
[PC]Dell
>>デルオンラインストア
>>デル、お得なキャンペーン情報
[PC]Apple
>>Apple Store
>>iTunes Music Store
[PC・ブロードバンド、他]sony
>>ソニースタイル
>>ソニー・ミュージック ショップ

[PC・ブロードバンド、他]
>>GyaO 光USEN

[HP ツール]
>>NINJA TOOLS
>>FC2WEB無料ホームページ

[blog ツール]
>>shinobi.jp ブログ
>>FC2BLOG

最新CM
2007 / 09 / 13 ( Thu ) 19 : 13 : 28
無題 ( m(_ _)m ) from: 美穂
2007 / 08 / 31 ( Fri ) 17 : 34 : 22
2007 / 02 / 15 ( Thu ) 12 : 31 : 20
無題 ( おにゅー ) from: 小野萬太郎
2006 / 12 / 30 ( Sat ) 11 : 54 : 12
無題 ( メリクリ ) from: ヌイグルミ
2006 / 12 / 26 ( Tue ) 21 : 26 : 00
QRコード
声を大にして言うほどのことぢゃないから …ぼそっと。 あれやこれや、とやかく言える立場ではないけど… 書いてみる。あしからず。
[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


…重い……。

先週末、、これを観賞した後に感じた率直な感想。。

尺が3時間弱に及ぶ作品、長編。。
観ている間に色んなことを考えました。

祖国への愛情、私個人としての逆らえない感情、、
民族としての誇り・悲願、自ら(自分自身)の血縁の系譜。
積み重ねなれた歴史の重み。。
それと不可分の宗教、文化や生活。

一つのシーンが終わり、進むごとに、、
自分の中で、知識の確認をしたり、
記憶(経験)の反芻をしたりしてました。。
だから、、その3時間弱は、
おいらにとって、とっても“永かった”。。。


[“星”評価]
★★★★▲(4.5)~(・_・;A色々考エテシマフ。。




この作品は、例え、、中東のコトなんて、よく知らないし、、
それに、難しいことはよくわからないから、、と、
映画の背景や歴史といった社会的な部分をスッ飛ばして、
登場人物の内面にのみ着目したとして、、
戸惑いながらも、自己を犠牲にして、
祖国の悲願・希望のために、殺人を犯していく、
(そして、歴史の闇にしか登場しない)一人の暗殺者の心の葛藤を
描いた作品として(…だけ)、捉えたとても、
たぶん、十分に心に響くところはあるのだと思う。
↑↑ちと回りくどい文章ダケド(・_・;ゞスマヌ。。。

ただ、おいらとしては、この作品を通じて、、
少しでも、何かしらの興味を抱いた人は、
中東地域のこと、、
ユダヤ教、イスラム教とキリスト教の分派と対立の歴史について、
調べたり、考えてもらえればなぁ…と思う。
きっと、この作品に対する感じ方や考え方も、
また深いものになると思う。
多分に、余計なお世話かも知れないけども。。。

例えば、、本編のセリフで度々、登場する“1967年”の意味するところや、
スピルバーグが良くも悪くも、その作品群において、
ユダヤ人よりの(ユダヤ人からの視点で)視点で、作品を製作していること、とか。

それに、この作品に限らず、、
欧米の映画は、この辺の知識・理解を、当然の前提としていることが多いので、
他の作品を鑑賞するにあたっても、きっと有用な知識となるはず…そのはず。。
もちろん、光熱費が節約できたり、資格給や特別手当がついたり、、
といったそんな生活に直結するような類の知識ではないケド。。。

[ちなみに…例えば、こんなのがあります~参考まで]
横田勇人[2004]『パレスチナ紛争史』集英社新書。
サミュエル・ハンチントン(鈴木主税、訳)[1998]『文明の衝突』集英社。

少なくとも、知っていて損になることはない。。
もちろん、おいらも、、
誇れるほどの知識を持ち合わせているいるわけではないから、
言わずもがな、、蛇足かも知れないけれど。。あしからず。。。



『ミュンヘン MUNICHI』
Directed by Steve Spielberg.Producer is Kathleen Kennedy.
(監督;スティーブン・スピルバーグ、製作;キャサリン・ケネディ)
Casts are Eric Bana,Daniel Craig,Ciaran Hinds,Mathieu Kassovitz,
Hanns Zischler,Geoffrey Rush and etc.
(出演;エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、キアラン・ハインズ、マチュー・カソビッツ、
ハンス・ジシュラー、ジェフリー・ラッシュ、他。)



>>http://filmsbooks.blog.shinobi.jp/Entry/8/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この記事のURL:       
『ミュンヘン』 2006・2・5に観ました
『ミュンヘン』  公式HPはこちら  ENTTER SITEでFlash版 ●あらすじ 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピックの選手村で、パレスチナゲリラ(黒い九月)のテロにより、イスラエル選手団11人死亡した。イスラエルの機密情報機関(モサド)は、報復の
URL 2006/03/01(Wed)12:56:40
←←   HMVでCDを買ってみた  HOME  チョコっと金   →→
忍者ブログ*[PR]