忍者ブログ
【Calendar】暦
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]naohito
>>“introduction
[Blogタイトル]…ぼそっと。
>>Blog トップページ

[今、見てる人」


[カウンター]
>>



【Search】blog内検索
【Link】
[HP]
>>G-Screw Dance Labo
>>元祖一発屋オフィシャルサイトだコラ!
>>セカハン

[blog]
>>映画の話、本の話。
>>人気blogランキング


【Shopping】本、CD&DVD
[本・CD・DVD、他]Amazon.co.jp
>>Amazon.co.jp

   

[DVD・CD、他]DMM
>>DMM -top page-

[本・CD・DVD、他]
>>タワーレコード
>>紀伊國屋書店 BookWeb
>>ブックサービス
【Shopping】PC関連
[PC]Dell
>>デルオンラインストア
>>デル、お得なキャンペーン情報
[PC]Apple
>>Apple Store
>>iTunes Music Store
[PC・ブロードバンド、他]sony
>>ソニースタイル
>>ソニー・ミュージック ショップ

[PC・ブロードバンド、他]
>>GyaO 光USEN

[HP ツール]
>>NINJA TOOLS
>>FC2WEB無料ホームページ

[blog ツール]
>>shinobi.jp ブログ
>>FC2BLOG

最新CM
2007 / 09 / 13 ( Thu ) 19 : 13 : 28
無題 ( m(_ _)m ) from: 美穂
2007 / 08 / 31 ( Fri ) 17 : 34 : 22
2007 / 02 / 15 ( Thu ) 12 : 31 : 20
無題 ( おにゅー ) from: 小野萬太郎
2006 / 12 / 30 ( Sat ) 11 : 54 : 12
無題 ( メリクリ ) from: ヌイグルミ
2006 / 12 / 26 ( Tue ) 21 : 26 : 00
QRコード
声を大にして言うほどのことぢゃないから …ぼそっと。 あれやこれや、とやかく言える立場ではないけど… 書いてみる。あしからず。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

観たのは昨年、封切られて間もない頃…
感想を書くのが遅くなってしまいました。

サボってました、o(_ _o)スンマソン。


んで、そんな間に気づけばこの作品。
今冬の話題作となっただけでなく、
アカデミィー賞の候補にノミネートされたらしい…わけで。

自分的には心の片隅に、
“それほどか!?”という思いはありつつも…。


とりあえず、おめでと。
自分の個人的な評価は違っていても、それはそれで
“大したもんだッ!!”って素直に思う次第で。

アメリカ人が描く日本人。
そして、話題作ゆえにアメリカ人の思い描く日本人像の
一端を担っていくだろう作品。
その印象の良し悪しは、それこそ人それぞれ、
受け取り方次第だろうけど、
観る価値はある作品かな、と思う。



あらすじ。

2006年、硫黄島で地中から数百通もの手紙が発見される。
それは、61年前にこの島で戦い、散っていった男たちが
最愛の家族宛てて書いたものだった。

届かなかった手紙。

そして、その61年前。1944年6月の硫黄島。
一人の陸軍指揮官がその島に降り立った。

陸軍中将、栗林忠道(渡辺謙)。

アメリカ留学の経験を持つ彼は、部下に対する体罰を戒め、
合理的な作戦を展開しようとする。

そんな彼の姿に、硫黄島での兵役に嫌気を感じていた
一兵卒の西郷(二宮和也)は、希望を抱く。

しかし、戦況は絶望的な様相を呈し始める。

本土防衛のための最後の砦、硫黄島。
1945年2月19日、ついにアメリカ軍は硫黄島への
上陸作戦を開始する…。


太平洋戦争末期、日米の激戦地となった硫黄島。
その“硫黄島”を日米それぞれの視点から描こうと試みた
クリント・イーストウッド監督による意欲作。
本作は日本側からの視点によって描かれた作品です。
米国側からの視点によって“硫黄島”を描いた
父親達の星条旗』は、姉妹作。


★★★▲☆(3.5)~(-。- )悪貨ハ良貨ヲ駆逐スル…
PR
久しぶりに…

映画館で泣きそうになりました。。

正確には、ちょっとだけ涙。。(T_T)。。。


自分、男の子にはありがちな感じで、
映画館では、まず泣くことはないのですが。

てか我慢するのですが。

映画の世界に、どっぷりのめり込んでいたため、
思わずポロリ…でした。


しっかりと爽やかな感動を味わいましたv


ストーリーは…
幼い日に、家族とともに、メキシコからアメリカへ、
不法入国した少年・サンティエゴは、青年となり、
サッカーの才能を認められ、イングランドにわたる。
そして、プロ選手となり、
トップ・チームで活躍することを目指す、が…
というお話。

アメリカン・ドリームじゃなくて…
イングリシュ・ドリームとでもいうような
フットボール(=サッカー)版サクセス・ストーリー。

瑞々しい清涼感が残る作品でした。


★★★★★(5)~\(⌒o⌒)/ナイチャッタカラネ…

原題は『The Exorcism of Emily Rose』。
Exorcism=悪魔払い(の儀式)、
からも読み取れるように、ホラーです。

おいら、ホラーは苦手。。
と、思いつつもけっこう見てしまいますvw
でも、この映画、単純にホラーという趣きではなかった。
エンドロールを眺めながら、そして、家路につく間、
おいらのなかで、漂っていたのは、むしろ…
“ヒューマン・ドラマ”を鑑賞した後のそれでした。。

もちろん、ホラーの要素はありあり、、(/ω\;)キャアアー、、、
だけど、法廷ドラマの要素もあったりで。
ホラー×法廷、という取り合わせも珍しいような気、します。

ただ、ドラマといっても、これは事実をもとにした話。
だから、ホラーっていう分類も少し違うのかも。

なにより、観終わった後に、
こんなに色んなことを考えさせる余白をもつホラー映画って、
初めてな気がします。
…やっぱり、ホラーって分類は正しくないのかも。。

幸せって…事実って…とか、
治療って…とか、

そんなことが、
漠然と心に浮かんでは消えての、帰り道でした。



★★★★▲(4.5)~(@▲@;)ホラーノヨウデ…ホラーイジョウ。。。

心がほんのりと暖かくなる作品でした。

何より、オリバー少年役のバーニー・クラーク君が輝きまくり☆
不幸な生い立ちを背にしても、
けっして純粋さを失わない…という役どころを、
見事に演じてマス(^-^bぐっじょぶ♪

…なんだか自分もオリバー少年と一緒に、
少しだけ成長したような気になってしまい。。
って、そんな軽ーい…妄想を抱きつつ、、、
エンドロールの余韻にヒタってましたo(^∀^)o


[“星”評価]
★★★★☆(4)~(^o^)b心ガホンワカ♪

  HOME
忍者ブログ*[PR]