忍者ブログ
【Calendar】暦
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]naohito
>>“introduction
[Blogタイトル]…ぼそっと。
>>Blog トップページ

[今、見てる人」


[カウンター]
>>



【Search】blog内検索
【Link】
[HP]
>>G-Screw Dance Labo
>>元祖一発屋オフィシャルサイトだコラ!
>>セカハン

[blog]
>>映画の話、本の話。
>>人気blogランキング


【Shopping】本、CD&DVD
[本・CD・DVD、他]Amazon.co.jp
>>Amazon.co.jp

   

[DVD・CD、他]DMM
>>DMM -top page-

[本・CD・DVD、他]
>>タワーレコード
>>紀伊國屋書店 BookWeb
>>ブックサービス
【Shopping】PC関連
[PC]Dell
>>デルオンラインストア
>>デル、お得なキャンペーン情報
[PC]Apple
>>Apple Store
>>iTunes Music Store
[PC・ブロードバンド、他]sony
>>ソニースタイル
>>ソニー・ミュージック ショップ

[PC・ブロードバンド、他]
>>GyaO 光USEN

[HP ツール]
>>NINJA TOOLS
>>FC2WEB無料ホームページ

[blog ツール]
>>shinobi.jp ブログ
>>FC2BLOG

最新CM
2007 / 09 / 13 ( Thu ) 19 : 13 : 28
無題 ( m(_ _)m ) from: 美穂
2007 / 08 / 31 ( Fri ) 17 : 34 : 22
2007 / 02 / 15 ( Thu ) 12 : 31 : 20
無題 ( おにゅー ) from: 小野萬太郎
2006 / 12 / 30 ( Sat ) 11 : 54 : 12
無題 ( メリクリ ) from: ヌイグルミ
2006 / 12 / 26 ( Tue ) 21 : 26 : 00
QRコード
声を大にして言うほどのことぢゃないから …ぼそっと。 あれやこれや、とやかく言える立場ではないけど… 書いてみる。あしからず。
[36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [86]  [27
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は『The Exorcism of Emily Rose』。
Exorcism=悪魔払い(の儀式)、
からも読み取れるように、ホラーです。

おいら、ホラーは苦手。。
と、思いつつもけっこう見てしまいますvw
でも、この映画、単純にホラーという趣きではなかった。
エンドロールを眺めながら、そして、家路につく間、
おいらのなかで、漂っていたのは、むしろ…
“ヒューマン・ドラマ”を鑑賞した後のそれでした。。

もちろん、ホラーの要素はありあり、、(/ω\;)キャアアー、、、
だけど、法廷ドラマの要素もあったりで。
ホラー×法廷、という取り合わせも珍しいような気、します。

ただ、ドラマといっても、これは事実をもとにした話。
だから、ホラーっていう分類も少し違うのかも。

なにより、観終わった後に、
こんなに色んなことを考えさせる余白をもつホラー映画って、
初めてな気がします。
…やっぱり、ホラーって分類は正しくないのかも。。

幸せって…事実って…とか、
治療って…とか、

そんなことが、
漠然と心に浮かんでは消えての、帰り道でした。



★★★★▲(4.5)~(@▲@;)ホラーノヨウデ…ホラーイジョウ。。。




…いまさらながら、作品の紹介。。。

これは、事実にもとづいた話…らしいです。
アメリカでは、相当、センセーショナルな事件だったみたいです。

明確な原因のわからない痙攣、幻聴や幻視、
といった症状がある晩以降、女子大生のエミリー・ローズの身に起こる。
やがて悪魔にとりつかれた、という思いにいたった彼女は、
生家の教区のムーア神父に信頼を寄せ、悪魔払いをすることになった。
しかし、彼女は亡くなってしまう。
そして、ムーア神父は、過失致死の疑いで裁判にかけられる。

果たして、彼女は本当に悪魔にとりつかれていたのか。
事実を求める裁判が始まる。



『エミリー・ローズ The Exorcism of Emily Rose』
監督・脚本:スコット・デリクソン、脚本・プロデゥース:ポール・ハリス・ボードマン、
出演:ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、ジェニファー・カーペンター、キャンベル・スコット、etc



>>http://filmsbooks.blog.shinobi.jp/Entry/12/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この記事のURL:       
DVD鑑賞 「エミリー・ローズ」
エミリー・ローズ デラックス・コレクターズ・エディションスコット・デリクソン ポール・ハリス・ボードマン ローラ・リニー ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2006-07-19by G-Tools 実話を元に出版された本
URL 2006/09/20(Wed)04:17:13
エミリー・ローズ(ホラーと法廷劇の実話)
2005年作品 本編119分 主演 ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン ●あらすじ ごく普通の19歳であった女子大生のエミリー・ローズ。 ある晩の午前3時、激しい幻覚と共に彼女は自分に何かが 取り憑いている事を確信し彼女は医学ではなくムーア神父に すべてを託すことに..
URL 2006/09/03(Sun)08:41:05
「エミリー・ローズ」顔が怖い!恐怖を堪能
「エミリー・ローズ」★★★ ローラ・リニー,トム・ウィルキンソン出演 スコット・デリクソン監督 神は存在するのか、 悪魔は本当にいるのだろうか? 実話をベースにしているということだが、 そんなことより恐怖感をたっぷりかきたてる 大げさな音と歪んだ顔...
URL 2006/04/13(Thu)18:04:37
「エミリー・ローズ」
CMを見て「お!ホラーっぽい」と思ったのが見たきかっけでした。 我ながらなんて不純な(^_^;)。が、ホラーじゃなかった!!!!! しか~し!だから良くなかったなんて展開にはなりませんでした。 素晴らしいじゃないですか。{/hakushu/} コピーにもあるようにこの作品はホラーテイストを多分に含んではいるものの ホラー作品というには、格調が高いです。 それは、この作品が法廷を中心に回想となって描かれているからでしょう。 ぶっちゃけ法廷劇です。その法廷で争われるネタが悪魔祓いというだけです。 しかし、確かに怖いです。音楽にしろ、色調にしろ(この色調については、 ダリオ・アルジェント的手法を使用しているように思えました)、 エミリーの表情にしろ。←これが一番怖かった。{/hiyo_oro/} 女子高生が「こんな怖いと思わなかった!誰?見ようって言ったの?」 とトイレで騒いでいました。わははは。 実話らしいですね。悪魔祓いが実際に法廷で裁かれるとは驚きです。 どうやって話が収束していくのか読めませんでした。 ま、いつもですが。{/ase/} しかし、終わってみるといい話じゃないですか。 特に判決が言い渡された後ね。ほうそう来たか!と感心してしまった。 弁護士役のローラ・リニーは、はまり役。 パンツスーツで熱弁を振るう彼女は、ばりばりのキャリアウーマン。 かっこいい。この女優さんの顔があんまり好みじゃないんですが、 いつも非常に印象に残る役どころをやってますね。 そして、上手い。そのうちアカデミーを取るのではと思ってます。 牧師役のトム・ウィルキンソンは、「イン・ザ・ベッドルーム」で 息子を殺された父親役という難しい役を寡黙に演じオスカー獲得。 なかなかの存在感でした。アカデミー俳優を起用していることを もうちょっと宣伝に使っても良さそうな。 日本じゃ無名だけど(爆)。 しかし、やっぱり悪魔に取り付かれたエミリー役を演じる ジェニファー・カーペンターにつきますね。 それは「真実の行方」で多重人格者を演じたエドワード・ノートン (アカデミー取りましたもんね。)くらいのインパクトのある演技でしたよ! あと「奇蹟の海」のエミリー・ワトソンもこんな感じだったかな。 これからが楽しみな女優さんですね。 演技は、ピカイチ(←死語?)です。 人気blogランキングは
URL 2006/03/28(Tue)12:44:02
エミリー・ローズ
●『エミリー・ローズ』120分。2006年3月11日公開。いまだにホラーブームの続いているハリウッド。今度は『エクソシスト』タイプな映画。悪魔は存在するかそれとも病気なのかという裁判映画。西ドイツの事件がヒントらしい。最近日本でも病気が治るで患者を....
URL 2006/03/26(Sun)15:27:21
忍者ブログ*[PR]