忍者ブログ
【Calendar】暦
05 2017/06 07
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]naohito
>>“introduction
[Blogタイトル]…ぼそっと。
>>Blog トップページ

[今、見てる人」


[カウンター]
>>



【Search】blog内検索
【Link】
[HP]
>>G-Screw Dance Labo
>>元祖一発屋オフィシャルサイトだコラ!
>>セカハン

[blog]
>>映画の話、本の話。
>>人気blogランキング


【Shopping】本、CD&DVD
[本・CD・DVD、他]Amazon.co.jp
>>Amazon.co.jp

   

[DVD・CD、他]DMM
>>DMM -top page-

[本・CD・DVD、他]
>>タワーレコード
>>紀伊國屋書店 BookWeb
>>ブックサービス
【Shopping】PC関連
[PC]Dell
>>デルオンラインストア
>>デル、お得なキャンペーン情報
[PC]Apple
>>Apple Store
>>iTunes Music Store
[PC・ブロードバンド、他]sony
>>ソニースタイル
>>ソニー・ミュージック ショップ

[PC・ブロードバンド、他]
>>GyaO 光USEN

[HP ツール]
>>NINJA TOOLS
>>FC2WEB無料ホームページ

[blog ツール]
>>shinobi.jp ブログ
>>FC2BLOG

最新CM
2007 / 09 / 13 ( Thu ) 19 : 13 : 28
無題 ( m(_ _)m ) from: 美穂
2007 / 08 / 31 ( Fri ) 17 : 34 : 22
2007 / 02 / 15 ( Thu ) 12 : 31 : 20
無題 ( おにゅー ) from: 小野萬太郎
2006 / 12 / 30 ( Sat ) 11 : 54 : 12
無題 ( メリクリ ) from: ヌイグルミ
2006 / 12 / 26 ( Tue ) 21 : 26 : 00
QRコード
声を大にして言うほどのことぢゃないから …ぼそっと。 あれやこれや、とやかく言える立場ではないけど… 書いてみる。あしからず。
[173]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [163]  [162]  [161]  [160
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

観たのは昨年、封切られて間もない頃…
感想を書くのが遅くなってしまいました。

サボってました、o(_ _o)スンマソン。


んで、そんな間に気づけばこの作品。
今冬の話題作となっただけでなく、
アカデミィー賞の候補にノミネートされたらしい…わけで。

自分的には心の片隅に、
“それほどか!?”という思いはありつつも…。


とりあえず、おめでと。
自分の個人的な評価は違っていても、それはそれで
“大したもんだッ!!”って素直に思う次第で。

アメリカ人が描く日本人。
そして、話題作ゆえにアメリカ人の思い描く日本人像の
一端を担っていくだろう作品。
その印象の良し悪しは、それこそ人それぞれ、
受け取り方次第だろうけど、
観る価値はある作品かな、と思う。



あらすじ。

2006年、硫黄島で地中から数百通もの手紙が発見される。
それは、61年前にこの島で戦い、散っていった男たちが
最愛の家族宛てて書いたものだった。

届かなかった手紙。

そして、その61年前。1944年6月の硫黄島。
一人の陸軍指揮官がその島に降り立った。

陸軍中将、栗林忠道(渡辺謙)。

アメリカ留学の経験を持つ彼は、部下に対する体罰を戒め、
合理的な作戦を展開しようとする。

そんな彼の姿に、硫黄島での兵役に嫌気を感じていた
一兵卒の西郷(二宮和也)は、希望を抱く。

しかし、戦況は絶望的な様相を呈し始める。

本土防衛のための最後の砦、硫黄島。
1945年2月19日、ついにアメリカ軍は硫黄島への
上陸作戦を開始する…。


太平洋戦争末期、日米の激戦地となった硫黄島。
その“硫黄島”を日米それぞれの視点から描こうと試みた
クリント・イーストウッド監督による意欲作。
本作は日本側からの視点によって描かれた作品です。
米国側からの視点によって“硫黄島”を描いた
父親達の星条旗』は、姉妹作。


★★★▲☆(3.5)~(-。- )悪貨ハ良貨ヲ駆逐スル…




感想(以下、ネタバレの可能性あり)。


概ね、“悪くはないかなぁ、この映画。”と思うのですが、
主人公の一人(西郷=二宮和也)の在り方に
徹頭徹尾、違和感を感じてしまい…
痒いところに手が届かないような気分を引きずりました。

主人公の大切さを改めて。

その西郷を、皮肉屋の大人な人間に描きたいのか…
それとも、無垢の心を宿した少年として描きたいのか。
キャラクターの設定が不明確なのが、何よりその“痒かった”ところ。

そもそも、そんな性分の日本人の若人がいたのかなぁ、
なんて思いも残るわけで。

仮に、西郷をそのままアメリカ兵に置き換えれば…
あり得る感じもするキャラだけど。

アメリカ化された(=アメリカ人の理解のもとに描かれた)日本人が
描かれているなぁ…と感じた次第です。

「だって、そもそもそういう作品じゃん!!」
っていう突っ込みはなしでw


あまり意味あることではないかも知れんけど…
姉妹作品を比較して、あえてどちら!?と問われれば、
自分は、『父親達の星条旗』を推しますッ!!

やっぱり、アメリカ人が描いたアメリカの方が深いのかな…と。


とは言え。

“硫黄島”にスポット・ライトを当てたクリント・イーストウッド監督は、
それでけでも「凄いッ!!」って思う。

真珠湾、沖縄、サイパンやミッド・ウェーに比べると
地味な感じだからね、硫黄島。

だけど。

島の形が変わるほどの砲弾をアメリカ海軍から打ち込まれたうえ、
徒手空拳も同様に玉砕していった旧日本兵と、
(旧日本兵←この表現どうなの??って思いもあありつつ…)
それに負けなかった米兵。

硫黄島の激戦は、多分に…自分が想像する以上に
激烈な戦争だったのだろう、と。

少なくとも(むしろ、それで十分なくらい。)
そこに着目しただけで、偉いかな…と。

戦争映画ってなると、
型にはめたような出来なる最近の邦画より、
ましかな…なんて思うわけで。


まとめると。

戦争を描いた映画としては、
格別に目を惹くほどに優れた映画ではないな…と思った。
けど、日本も一方の当事者だった戦争にも関わらず、
これを超えるほどの邦画って最近、観ないなぁ。
それは残念だと思うし、淋しいなぁと。

そんな感想を持ちました。
本筋とはちょっとズレてるけどね。


私小説的な映画だけでなく、
もっと歴史にも切れ込んで欲しいな…
邦画の担い手様達って思います。



『硫黄島からの手紙』
監督:クリント・イーストウッド、脚本:アイリス・ヤマシタ、
製作総指揮:ポール・ハギス、製作:スティーブン・スピルバーグ、
出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、裕木奈江、他。



>>http://filmsbooks.blog.shinobi.jp/Entry/43/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この記事のURL:       
←←   最近の生活を比率で  HOME  むむむ…   →→
忍者ブログ*[PR]