忍者ブログ
【Calendar】暦
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]naohito
>>“introduction
[Blogタイトル]…ぼそっと。
>>Blog トップページ

[今、見てる人」


[カウンター]
>>



【Search】blog内検索
【Link】
[HP]
>>G-Screw Dance Labo
>>元祖一発屋オフィシャルサイトだコラ!
>>セカハン

[blog]
>>映画の話、本の話。
>>人気blogランキング


【Shopping】本、CD&DVD
[本・CD・DVD、他]Amazon.co.jp
>>Amazon.co.jp

   

[DVD・CD、他]DMM
>>DMM -top page-

[本・CD・DVD、他]
>>タワーレコード
>>紀伊國屋書店 BookWeb
>>ブックサービス
【Shopping】PC関連
[PC]Dell
>>デルオンラインストア
>>デル、お得なキャンペーン情報
[PC]Apple
>>Apple Store
>>iTunes Music Store
[PC・ブロードバンド、他]sony
>>ソニースタイル
>>ソニー・ミュージック ショップ

[PC・ブロードバンド、他]
>>GyaO 光USEN

[HP ツール]
>>NINJA TOOLS
>>FC2WEB無料ホームページ

[blog ツール]
>>shinobi.jp ブログ
>>FC2BLOG

最新CM
2007 / 09 / 13 ( Thu ) 19 : 13 : 28
無題 ( m(_ _)m ) from: 美穂
2007 / 08 / 31 ( Fri ) 17 : 34 : 22
2007 / 02 / 15 ( Thu ) 12 : 31 : 20
無題 ( おにゅー ) from: 小野萬太郎
2006 / 12 / 30 ( Sat ) 11 : 54 : 12
無題 ( メリクリ ) from: ヌイグルミ
2006 / 12 / 26 ( Tue ) 21 : 26 : 00
QRコード
声を大にして言うほどのことぢゃないから …ぼそっと。 あれやこれや、とやかく言える立場ではないけど… 書いてみる。あしからず。
[25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画で観るのもイイかなぁ、、
と、思ったのだけど。。

親父サマが既に買っていたので、、
身内で回し読み(._. )ふぅーむ。。。
ちなみに、、、
おいらの親父サン(国語科の教諭)
は、いたく感動ッ!!したみたいですよぉ。。

本作は、映画化された影響もあって、
各種のメディアに登場する機会も多いし、
知っている人も多いと思われるマス。。

さわり的に解説をすると、、
本作は、事故によって80分しか記憶を維持できない…
という障害を抱えてしまった、数学博士を主人公とした話。。
そして、その博士との、けっして忘れ去ることのできない思い出を、
博士宅の身の回りの世話をするために派遣された家政婦サンが、
博士との記憶を手繰りながら、紡いでいく、、という話。。。

日常的な描写でありながら、どこかしらファンタジーを感じさせる作品です。

友愛数、完全数や素数といった数学的な刺激がスパイスとなっていて、
味のある作品世界が広がるのだなぁ、と思いました。。

正直、親父サマほどの絶賛♪には、至らなかったケド…
おいら的にも、総じて、ほどよく楽しめましたv


小川洋子[2003]『博士の愛した数式』新潮文庫




もうちょっと踏み込んで、そして、わき道に寄りつつ、、
感想を加えるなら、、この小説を含め…
小説や映画の世界に出てくる数学者を始めとする、理系人間って、、
良くも悪くも、奇人変人的に描かれることが多いなぁ。。
なんてことを感じながら(…苦笑しつつ、という感じで、、)
ページを手繰ってました。。苦w。。。

おいらは、そんな理系人間とは違うけど、
経済学を専攻していたこともあり、、
ごくたま~に、その関係の質問をされるんだけれど…
社会制度・経済社会政策的な要素を含む話ならまだしも、、
数学、あるいは物理的な思考方法や素養が
必要とされることもある(…といっても、ほんのチョット。。。)、
経済学の理論的な話を会話に持ち出すと、
とたんに宇宙人を見るような、はたまた、、
不運にも遭遇してしまったような…顔をされることも、
往々にしてあったりして、、、苦w
てか、質問したのは、あなたなのにそれは切ないでしょ。。。

おいら、大学~院…と経るうちに、、
いわゆる“文系”“理系”とかっていう区別って、意味薄だなぁ…
むしろ、発想を縛ってしまうようで、つまらないなぁ。。
なんて、思ったのだけど、、
この二分法は、かなり社会全般で根深いようで。。
特に“文系”の人にとって、
“理系”は全く別の人種と思われるみたい。。。

ちなみに、政治的な話や金融関係の話だと、
興味を示してくれる人が多い感じがしますo(^-^)o


もとい、、本の感想とは、かなり離れてしまった。。 (・_・;A。。。

まとめると、、
本作は、そんな“文系的な視点による理系”的な
色彩をまとっている作品。。
もちろん、それはダメってことでは、全くなく(・△・ゞ
むしろ、本作は、博士の記憶が80分しか持たないということ、
その80分が経ってしまえば、自己紹介からやり直し、繰り返し…
それが、なんだか、、
“諸行無常”…これぞ、“文系の真髄”でしょ!!、、、
的な薫りも感じられて、なんだかスパイスだけでなく、
しっかりと、“おだし”もきいた作品となっていますw

まとまってないし(@ω@)…トイウコトナカレ。。。



>>Amazon.co.jp『 博士の愛した数式


>>http://filmsbooks.blog.shinobi.jp/Entry/9/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この記事のURL:       
忍者ブログ*[PR]