忍者ブログ
【Calendar】暦
04 2017/05 06
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]naohito
>>“introduction
[Blogタイトル]…ぼそっと。
>>Blog トップページ

[今、見てる人」


[カウンター]
>>



【Search】blog内検索
【Link】
[HP]
>>G-Screw Dance Labo
>>元祖一発屋オフィシャルサイトだコラ!
>>セカハン

[blog]
>>映画の話、本の話。
>>人気blogランキング


【Shopping】本、CD&DVD
[本・CD・DVD、他]Amazon.co.jp
>>Amazon.co.jp

   

[DVD・CD、他]DMM
>>DMM -top page-

[本・CD・DVD、他]
>>タワーレコード
>>紀伊國屋書店 BookWeb
>>ブックサービス
【Shopping】PC関連
[PC]Dell
>>デルオンラインストア
>>デル、お得なキャンペーン情報
[PC]Apple
>>Apple Store
>>iTunes Music Store
[PC・ブロードバンド、他]sony
>>ソニースタイル
>>ソニー・ミュージック ショップ

[PC・ブロードバンド、他]
>>GyaO 光USEN

[HP ツール]
>>NINJA TOOLS
>>FC2WEB無料ホームページ

[blog ツール]
>>shinobi.jp ブログ
>>FC2BLOG

最新CM
2007 / 09 / 13 ( Thu ) 19 : 13 : 28
無題 ( m(_ _)m ) from: 美穂
2007 / 08 / 31 ( Fri ) 17 : 34 : 22
2007 / 02 / 15 ( Thu ) 12 : 31 : 20
無題 ( おにゅー ) from: 小野萬太郎
2006 / 12 / 30 ( Sat ) 11 : 54 : 12
無題 ( メリクリ ) from: ヌイグルミ
2006 / 12 / 26 ( Tue ) 21 : 26 : 00
QRコード
声を大にして言うほどのことぢゃないから …ぼそっと。 あれやこれや、とやかく言える立場ではないけど… 書いてみる。あしからず。
[79]  [78]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

確実に楽しめる作品♪
だと、思います。

まさに、エターテイメント!!!!
という作品です。


今回は、自分の感想より、まず…
観賞後、他のお客さんの感想を
盗み聴いたので、
…紹介します。

サラリーマン風の男性がその同僚らしき人に、
「おれ、会社辞める!!海上保安官になるわ。」

もちろん、彼が有言実行を図ったのかどうか、
新しい人生の荒海に漕ぎ出したのかどうかは知りません。。

数人で連れ立って観賞にきていたご婦人様が、
手元に残した大量のポップコーンを、お友達に示しながら、
「食べる暇なかったの…」

その後の、会話は永遠に続いた模様です。


と、その他にも多くの人が楽しんだ模様でした。
もち、おいらも十分にv

さてさて、ストーリー。
海上保安庁の潜水士として働く
仙崎大輔は、仕事も板についてきたが、
彼女である伊沢環菜との関係は、結婚を目前にして、
踏み切れないでいた。
そんな折、鹿児島沖で、大型フェリーの座礁事故がおきる。
仙崎は、救助のため、事故現場に赴くが、
そのフェリーには、偶然、環菜も乗船していた。
仙崎ら、海上保安庁は必死の救助作業を行うが、
事故状況は、急激に悪化。
そして、フェリーは、沈没していく…
というもの。


そんなムチャなと思いつつも、
テンポがよく、また、話の筋もシンプルなので、
引き込まれてしまいます。


★★★★☆(4)~(*ム*)思ワズ息ヲ止メテシマイマシタw



主演の伊藤英明さん、ハマり役だと思います。
熱い男ッ!!具合wもそうなのですが、
なにより、しっかりと身体が鍛えてあって、
いいと思います。

というのも、
邦画の俳優さん(女優さんでもそうだけど…)
演技力はあるのだろうけど、
その役柄でその身体つきはあり得ないでしょ…
あるいは、その体つきじゃ、
そんな動きやアクションは絶対にできないでしょ。
というのが、けっこう多いので、
気分が萎えてしまうことも多々なのです。


その点、伊藤英明さんは、
役のために鍛えたのか、元々なのかどうかは知らないけど、
体つきがしっかりしていて、身体はって仕事してる人!!
って感じが漂っていてよかったです。
不自然な感じがしなかった…偉いと思います(^∀^b



それと、最後に。
まだ観てない人は、先にDVDで
『海猿』をレンタルするなり、買うなりして、
見るておくことをオススメします。


仙崎と環菜の馴れ初めなどが、
本作でも、エピソードとしてところどころに、
挿入されているので、先に見ておいたほうが、
数倍、楽しめると思います。

もちろん、知らなかったからと言って
わからない…ってことは、全くないと思われますが。。


TVシリーズも見るに越したことないと思いますが、
映画の前作の方が、優先度は高いと思われます。
自分は、TVシリーズを見てませんでした。
同僚・上官達との関係は、TVシリーズを見ていたほうが、
よくわかるみたいです。


『LIMIT OF LOVE 海猿』
監督:船住英一郎、原作:佐藤秀峰、
出演:伊藤英明、加藤あい、時任三郎、佐藤隆太、
       大塚寧々、吹越満、石黒賢、他。









>>DMM『海猿 スタンダード・エディション』
>>DMM『海猿 廉価版』
>>DMM『海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-box』
>>DMMレンタル


『LIMIT OF LOVE 海猿』
監督:船住英一郎、原作:佐藤秀峰、
出演:伊藤英明、加藤あい、時任三郎、佐藤隆太、
       大塚寧々、吹越満、石黒賢、他。


>>http://filmsbooks.blog.shinobi.jp/Entry/20/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この記事のURL:       
忍者ブログ*[PR]