忍者ブログ
【Calendar】暦
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]naohito
>>“introduction
[Blogタイトル]…ぼそっと。
>>Blog トップページ

[今、見てる人」


[カウンター]
>>



【Search】blog内検索
【Link】
[HP]
>>G-Screw Dance Labo
>>元祖一発屋オフィシャルサイトだコラ!
>>セカハン

[blog]
>>映画の話、本の話。
>>人気blogランキング


【Shopping】本、CD&DVD
[本・CD・DVD、他]Amazon.co.jp
>>Amazon.co.jp

   

[DVD・CD、他]DMM
>>DMM -top page-

[本・CD・DVD、他]
>>タワーレコード
>>紀伊國屋書店 BookWeb
>>ブックサービス
【Shopping】PC関連
[PC]Dell
>>デルオンラインストア
>>デル、お得なキャンペーン情報
[PC]Apple
>>Apple Store
>>iTunes Music Store
[PC・ブロードバンド、他]sony
>>ソニースタイル
>>ソニー・ミュージック ショップ

[PC・ブロードバンド、他]
>>GyaO 光USEN

[HP ツール]
>>NINJA TOOLS
>>FC2WEB無料ホームページ

[blog ツール]
>>shinobi.jp ブログ
>>FC2BLOG

最新CM
2007 / 09 / 13 ( Thu ) 19 : 13 : 28
無題 ( m(_ _)m ) from: 美穂
2007 / 08 / 31 ( Fri ) 17 : 34 : 22
2007 / 02 / 15 ( Thu ) 12 : 31 : 20
無題 ( おにゅー ) from: 小野萬太郎
2006 / 12 / 30 ( Sat ) 11 : 54 : 12
無題 ( メリクリ ) from: ヌイグルミ
2006 / 12 / 26 ( Tue ) 21 : 26 : 00
QRコード
声を大にして言うほどのことぢゃないから …ぼそっと。 あれやこれや、とやかく言える立場ではないけど… 書いてみる。あしからず。
[16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [10]  [11]  [9]  [8]  [7]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おいらの中での話題作でしたv

とにかく、踊ってます、、
激しくッ踊ってますッッ…凄いッス♪♪♪
てか、声を大にして、、

凄ぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!


とw。。

腰、そんなに激しくmoveして、
椎間板ヘルニアになったりしないのかな(*ω*)
首の頚椎、大丈夫かな…

なんて、確実に余計な心配をしてしまうくらいww


ただね、、ただね、、、
劇場予告を含め、、メディア公告では、
“激しいダンス”が、やたら強調されている感があったのですが、
むしろ、ドキュメンタリー映画をみるぞぉ…
という気分で、鑑賞した方がイイのかも、、とも。


[総合“星”評価]
★★★★★(5)…(O^o^O)bスンゴィ♪





L.A.サウスセントラル地区のあり様を、
そのままに切り取ろうとした映画なんだと思う。

その点、真正面からのドキュメンタリー映画。


貧困地区である同地域では、
若者や子供が抱くことのできる選択肢は、
“ギャングに入るか”、“バスケをするか”、
そして“ダンスを踊るか”
…くらいしかない。

だからこそ、踊ることは、彼らの人生において、
何事にも変え難い要素となるのだろう。

それは、生きている証そのもの。


そして、“クラウンズ”なのか、“クランパーズ”なのか、
はたまた、その他のスタイルを選ぶのか。

それは、単に踊りのスタイルという話ではなく、
彼らの生き方…アイデンティティーそのものであって…


…そんなことを、どばーっと考えてました。

とにかく圧倒されました。


映画の手法としては、
“住人のインタビュー映像と象徴的な映像をつないでいく”
という、けっこう典型的なスタイルのドキュメンタリー映画。。

“観る人にこうあるべきだ”的な解釈を
必ずしも強制せずに、現状をそのままありのまま…
投げっぱなし的な作りが、個人的には好きな作風でした。

好感を強く抱ける映画でした。


狙ってる感ありありだけど…
海辺で踊ってるシーンは芸術的(★_☆)キラーン!!

タイトルは、日本語にすると、
「成り上がれ」あるいは「這い上がれ」、となるのかな。

…その辺りからも読み取れるように、
内容的は、けっして“優しい”類のものではないけれど、
どこかに希望のある映画。

希望を感じられる映画。とっても強い映画。



よい映画だと思います(^ー^)b



『RIZE ライズ』
監督:デイビット・ラシャペル(David Lachapelle)、
出演:トミー・ザ・クラウン(Tommy the Clown)、
       ドラゴン(Dragon)、タイト・アイズ(Tight Eyes)、
       ミス・プリッシー(Miss Prissy)、リィル・シー(Lil C)、etc






>>DMM 『RIZE ライズ』
>>DMM 『RIZE オリジナル・サウンドトラック-リミックス-』

>>Amazon.co.jp 『RIZE
>>Amazon.co.jp 『RIZE オリジナル・サウンド・トラック






------------------------
転載しました。
>>http://filmsbooks.blog.shinobi.jp/Entry/6/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この記事のURL:       
←←   φ(._.)  HOME  『ALWAYS 三丁目の夕日』   →→
忍者ブログ*[PR]