忍者ブログ
【Calendar】暦
03 2017/04 05
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]naohito
>>“introduction
[Blogタイトル]…ぼそっと。
>>Blog トップページ

[今、見てる人」


[カウンター]
>>



【Search】blog内検索
【Link】
[HP]
>>G-Screw Dance Labo
>>元祖一発屋オフィシャルサイトだコラ!
>>セカハン

[blog]
>>映画の話、本の話。
>>人気blogランキング


【Shopping】本、CD&DVD
[本・CD・DVD、他]Amazon.co.jp
>>Amazon.co.jp

   

[DVD・CD、他]DMM
>>DMM -top page-

[本・CD・DVD、他]
>>タワーレコード
>>紀伊國屋書店 BookWeb
>>ブックサービス
【Shopping】PC関連
[PC]Dell
>>デルオンラインストア
>>デル、お得なキャンペーン情報
[PC]Apple
>>Apple Store
>>iTunes Music Store
[PC・ブロードバンド、他]sony
>>ソニースタイル
>>ソニー・ミュージック ショップ

[PC・ブロードバンド、他]
>>GyaO 光USEN

[HP ツール]
>>NINJA TOOLS
>>FC2WEB無料ホームページ

[blog ツール]
>>shinobi.jp ブログ
>>FC2BLOG

最新CM
2007 / 09 / 13 ( Thu ) 19 : 13 : 28
無題 ( m(_ _)m ) from: 美穂
2007 / 08 / 31 ( Fri ) 17 : 34 : 22
2007 / 02 / 15 ( Thu ) 12 : 31 : 20
無題 ( おにゅー ) from: 小野萬太郎
2006 / 12 / 30 ( Sat ) 11 : 54 : 12
無題 ( メリクリ ) from: ヌイグルミ
2006 / 12 / 26 ( Tue ) 21 : 26 : 00
QRコード
声を大にして言うほどのことぢゃないから …ぼそっと。 あれやこれや、とやかく言える立場ではないけど… 書いてみる。あしからず。
[145]  [144]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [143]  [137]  [136]  [135
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

…の試写会へ行ってきました。もちタダ・チケv

6割ほどの客入りでした。試写会にしては、少ない気が…。
まぁ平日の夜だから、そんなものかな。



あらすじ。

同じ民族が南北に分かれ、激しく争っていた朝鮮戦争の時代。
朝鮮半島のどこかに、そんな戦争とは、全く無縁の平和な村があった。

村の名前は、トン・マッコル。
“トン=子供のように”・“マッコル=純粋な村”。

村人の誰一人として、
戦争が起こっていることさえ知らないような村に、
ある日、3組の来訪者たちが訪れる。

空から降ってきた青い目の米国人。
何だかワケありの二人組の韓国軍兵士。
平壌へ帰還途中の三人組の北朝鮮軍兵士。

予期せぬ敵との遭遇に、彼らは、当然に反目する。
しかし、村での生活を営むうちに、彼らは、
村人の無垢な対応に感化され、互いに理解しあっていく。

そして、彼らに村への愛着が芽生えるころ、
村にはとんでもない危機が迫っていた…。



★☆☆☆☆(1)…(-_-メ)スベッテルヨウナ



今回は、辛口。


“ぅーん、スベッてるよ…これ。”
というのが、正直な感想です。

パンフとか読んでないので、監督/製作者の意図については、
詳しく知りませんが、たぶん、笑えて、感動もできるような
エンタメ作品を狙ったのだと思います。

だけど、“二兎追うものは…”という感じで、
まとまりに欠いている印象を受けました。

なんだか座り心地が悪い感じ。
それが意図されたものだったらいいのだろうけど。
デイジー』で感じたのと同じようなバランスの悪さが…。


コミカルな演出をするにしては、
テーマが重過ぎるし、映像は、リアル過ぎるような…。

それに、笑わせたいにしては、
笑いを誘うための手法がなんだか古くさい。
どこかで見た、あるいは定番な感じがする展開ばかりで、
斬新さを感じさせるようなものはなかったです。

一方で、感動を呼び起こすには、総じて、なんだか薄っぺらい。
戦争などへの切り込みも、鋭さを感じなかったな。
加えて、肝心の場面では、迫るようなリアリティさに乏しく、
入り込めなかった。演出が陳腐なのも、原因の一つかも。


結局。何を見せたいのか、何を魅力としているのか…
わかりませんでした。

加えて、「こんなシーン、どこかでみたことあるなぁ…」
というのも多々あって、食傷気味な気分も味わった次第で。


大抵、ジブリ映画を実写化してみました的な映像が多かった。
それらにしても、アニメの世界なら成り立つけど、
実写じゃ…浮世離れしすぎでしょ。あるいは、嘘くさ過ぎるでしょ!!
と感じさせる場面も多かった。

その他にも、“ぁあーこんな映像、最近の邦画でもあったなぁ”など多数。



まとめると。この映画。

CGや発破などの表現技術は、あちらこちらと
意欲的に取り込んでいるのだけど…
その用い方を失敗しているんじゃないかな、
という印象を始終、感じました。

表現方法がミスマッチ、あるいはスベってるでしょ…と。

加えて、テーマそれ自体についても、せっかく朝鮮戦争などの
貴重な題材を取り扱っているのに、切り込み不足というか…
物足りなさが残りました。


思い返せば…

『八月のクリスマス』、『イルマーレ』、『シュリ』、
『JSA』や『猟奇的な彼女』などなど…
で、凄いな韓国映画って思った。

けど最近は、世間的な話題や知名度の高い映画が増えた一方で…
自分的に、魅力を感じる映画が少なくなってきた。

たんに、観てないだけかな…。

おれ一人が思ったところで、どうでもいいことかも知れないけど…
“韓流”このままでは、ジリ貧だと思う。


改めて…今回は、辛口。



『トンマッコルへようこそ』
監督:パク・クァンヒョン、音楽:久石譲、
出演:シン・ハギュン、チョン・ジェヨン、カン・ヘジョン、
       イム・ハリョン、ツ・ジェギョン、リュ・ドックァン、スティーブ・テシュラー、他。






>>http://filmsbooks.blog.shinobi.jp/Entry/35/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この記事のURL:       
忍者ブログ*[PR]